おしりへ注射を打つ前に知っておきたい!

おしり

おしりに脂肪が付き過ぎているとヒップの位置が下がり垂れ尻に見えたり後ろ姿がかっこよく決まらないですね。

 

老けて見える原因でもあります。
ただ・・・食事制限などのダイエットではなかなか落ちず間違った痩せ方をしてしまうとかえって痩せづらくなってしまいます。

 

脂肪溶解注射(メソセラピー)は脂肪細胞の量を減らしてくれるのでリバウンドの心配もありません。

 

特におしり・太ももとのさかい・内ももなど脂肪層が厚くセルライトがたまりやすい場所には
脂肪溶解注射(メソセラピー)はおススメです。
暴飲暴食を避け残った脂肪を大きくしないように注意すれば、半永久的にスリムな太ももと引き締まったおしりを維持できます。

 

● 効果は?

 

おしりに脂肪溶解注射(メソセラピー)をすると、おしりが一回り小さくなり、それまでおしりが引っかかり、きつかったパンツ・スカートもスルリと履けます。

 

おしりに脂肪が付きすぎていると、単に太くなるだけではなく、セルライトと呼ばれるぼこぼことした部分ができてしまいますが脂肪溶解注射(メソセラピー)によって、セルライトもかなり改善します。

 

何回ぐらい打つの?

おしりは範囲が広く、脂肪がたっぷりとついていることが多いので、だいたい2週間に1回のペースで6回ぐらい脂肪溶解注射(メソセラピー)を打つことになります。
痛みが心配な方は麻酔もあるので我慢せず医師に相談しましょう。

 

処置後の状態は?

筋肉痛のような痛みを感じたり、腫れたりする症状が一週間ぐらい続くことがあります。しこりができたり、稀に内出血でアザのような状態になることも。
痛くて歩くのも困難など、あまりにも痛みがひどい場合は、我慢せず医師に相談して痛み止めを処方してもらいましょう。

 

おしりは脂肪吸引する人も多い場所だけど?

おしりは、脂肪の量が多いので一気に脂肪を減らすことのできる、脂肪吸引という方法を選ぶ方も多いです。手術に抵抗がなく、何十万も出せるという場合はそれでもいいのですが、(おしりに脂肪吸引をすると、だいたい40万円ぐらいかかりますしダウンタイムがかなり激しく失敗例も上がってます)あまりおススメできません。

 

大きなリスクを負うことなく簡単に痩せるには脂肪溶解注射(メソセラピー)がおススメです。

 

※妊娠中・授乳中の方への治療は断られる場合があります。専門の医師に相談し安易に治療を受けないようにしましょう。また未成年の方は保護者に相談し一緒にクリニックへ行ってもらいましょう。

 

※アレルギーをお持ちの方は大豆由来成分ではない脂肪溶解注射(メソセラピー)を選んで下さい。代表的なのがリジェンスリムというお薬です。

 

※脂肪溶解注射(メソセラピー)の腫れ・腫れの期間には個人差があります。個人の判断で冷やしたりせずしばらくしても腫れがひかない場合は治療を受けたクリニックに相談しましょう。

 

※より早く効果を実感されたい方は簡単なマッサージと軽い運動をおススメします。

おしりに注射を打つ前に知っておきたいこと|脂肪溶解注射NAVI関連ページ

腕(二の腕)
二の腕などへ注射を打つ前に注意しておくべき情報をまとめました。脂肪溶解注射のおすすめクリニックは脂肪溶解注射NAVIへ。
太もも
なかなか痩せない太ももに注射を打つとどうなるのかなどの疑問にお答えします。脂肪溶解注射のおすすめクリニックは脂肪溶解注射NAVIへ。
脚(足)
脚・足に注射を打つ前に気をつけてほしいことや知っておきたい情報をまとめました。脂肪溶解注射のおすすめクリニックは脂肪溶解注射NAVIへ。
顔(頬・ほっぺ)
顔や頬、ほっぺに注射を打つ前に知っておきたい基本情報をまとめました。脂肪溶解注射のおすすめクリニックは脂肪溶解注射NAVIへ。
お腹
お腹や下腹部に注射を打つときの注意点をまとめました。脂肪溶解注射のおすすめクリニックは脂肪溶解注射NAVIへ。
ふくらはぎ
ふくらはぎに注射を打つ効果や気になる副作用についてご説明します。脂肪溶解注射のおすすめクリニックは脂肪溶解注射NAVIへ。
背中
背中に注射を打つ前に確認してほしいことをまとめました。脂肪溶解注射のおすすめクリニックは脂肪溶解注射NAVIへ。
鼻・鼻筋
鼻に注射を打つ前にチェックすべきことや気になる団子鼻についても調べました。脂肪溶解注射のおすすめクリニックは脂肪溶解注射NAVIへ。
瞼(まぶた)
お腹や下腹部に注射を打つときの注意点をまとめました。脂肪溶解注射のおすすめクリニックは脂肪溶解注射NAVIへ。
顎・顎下
気になる顎やフェイスラインに注射を打つ前に確認しておくことをまとめました。脂肪溶解注射のおすすめクリニックは脂肪溶解注射NAVIへ。