お腹などに注射を打つときの注意点です!

お腹

お腹(腹部)は特に脂肪がつきやすい部分です。

 

太りだすとあっという間で、去年は余裕ではけたスカートが、今年は全く入らない
・・・ということも珍しくありません。

 

また、俗に言う「三段腹」は見た目がよくないので、温泉や、水着に着替える必要のある海やプールに行くのを躊躇してしまうという人も多いのではないでしょうか?

 

そんなにっくき脂肪をやっつけてくれる脂肪溶解注射は強い味方です。

 

こんな方におすすめ
お腹周りの脂肪は、年をとるごとに増え、そして落としにくくなります。

 

ダイエットに励んでも、落ちるのはバストなど、「そこは落ちなくてもいいのに!」という部分ばかり。
自力で何とかしようとするには手強すぎるんですね。

 

かといって、脂肪吸引はちょっと怖い。そんな方に、確実に脂肪の数を減らし、脂肪吸引ほど体に負担がかからない脂肪溶解注射はおすすめです。

 

どういう風にするの?

お腹に局所麻酔の注射を打ち、麻酔が効いてきたところで、皮下脂肪に脂肪溶解注射の針を刺して薬剤を注入します。

 

手のひらを広げたぐらいの大きさの範囲を目安に、薬剤を広げていきます。
お腹の脂肪は分厚いので針が10cmほど入っていくこともありますが、麻酔のおかげもあって、痛みはほとんど感じません。

脂肪溶解注射の効果は?

有効成分である「フォスファチジルコリン」の働きで、頑固なセルライトや脂肪細胞が溶かし出され、活発になった血液の流れに乗って体外へ排出されます。

一般的なダイエットでは、脂肪細胞の大きさを縮めることはできても、数を減らすことはできず、常にリバウンドの危険性と隣り合わせですが、脂肪溶解注射の場合は脂肪細胞の数を確実に減らすことができるため、暴飲暴食でもしない限り、スリムなお腹を保つことができます。

 

お腹痩せには、何本ぐらいの注射が必要?

上腹部、下腹部、脇腹、それぞれ1回あたり2~4本が目安です。

ただし、1度に何本の脂肪溶解注射を打つかは医師の考え方や薬剤の種類によっても変わるので、クリニックによっては1度に10本ぐらい打つ時もあります。

「できるだけ短期間でお腹全体の脂肪を減らしたい」という場合は、痛みやダウンタイムなどのリスクも考慮した上で、そうした希望を叶えてくれるクリニックを探してみましょう。

 

脂肪溶解注射の値段は?

脂肪溶解注射の1本あたりの値段は、2~3万円ぐらいが相場です。

「とりあえず1回試してみたい」という場合は、初回限定キャンペーン価格でお得に受けられるクリニックもあるので、HPなどをチェックしてみましょう。

 

処置後はどんな感じ?

一週間ぐらいは、筋肉痛のような痛みが続くこともありますが、ほとんどの場合、日常生活に支障をきたすほどのものではありません。

また、脂肪溶解注射を打った部分が腫れることもあります。この場合もほとんど日常生活に差しさわりはありませんが、稀に腫れがひどかったり、なかなか治まらなかったりするケースもあるので、不安な時はすぐにクリニックで相談しましょう。

 

気をつけることは?

脂肪溶解注射をした部分をよくマッサージして、薬剤を広げるようにしてください。

 

また、脂肪の数を減らす注射をしたからといって、脂肪がゼロになったわけではありません。
油断して食べ過ぎると、残っている脂肪が大きくなってまた太ってしまうので、食事の量に気をつけ、適度に運動も取り入れるなどスリムな体系を維持する努力を続けましょう。

そして、実績と経験のある、信頼できるクリニックにお願いすることが大切です。

脂肪溶解注射はまだまだ歴史の浅い治療法で、エビデンスも十分とは言えません。医師の腕や使用する薬剤の質によっても仕上がりに大きく差が出るので「安いから」「自宅から近いから」という理由だけでクリニックを選ぶのは危険です。

また、ダウンタイムが考えられる治療法なので、アフターケアが充実しているかどうかもしっかりチェックしてください。

 

お腹への脂肪溶解注射の体験談

「お金に余裕がなく、2回ぐらい受けたところでやめてしまったせいか、特に目立った変化はみられませんでした。最低でも6回ぐらい受けていれば、効果があったのかな?」

 

「麻酔を打ったので、施術中の痛みはほとんどありませんでした。ウエストを細くしたかったので1度に4本×6回受け、ベルトの穴が4つ縮まるほど痩せました」

 

「3ヶ月経つ頃まではあまり変化をかんじられず、本当に効くのかな? と思っていましたが、それ以後は徐々にウエストまわりが細くなってきました。どんなダイエットをしてもダメだったので、きちんと効果が出たのは嬉しかったです」

 

お腹の症例写真(Before After) 効果がどのくらいあるのか、よく分かりますね。

お腹,脂肪溶解注射

お腹などに注射を打つときの注意点|脂肪溶解注射NAV関連ページ

腕(二の腕)
二の腕などへ注射を打つ前に注意しておくべき情報をまとめました。脂肪溶解注射のおすすめクリニックは脂肪溶解注射NAVIへ。
太もも
なかなか痩せない太ももに注射を打つとどうなるのかなどの疑問にお答えします。脂肪溶解注射のおすすめクリニックは脂肪溶解注射NAVIへ。
脚(足)
脚・足に注射を打つ前に気をつけてほしいことや知っておきたい情報をまとめました。脂肪溶解注射のおすすめクリニックは脂肪溶解注射NAVIへ。
顔(頬・ほっぺ)
顔や頬、ほっぺに注射を打つ前に知っておきたい基本情報をまとめました。脂肪溶解注射のおすすめクリニックは脂肪溶解注射NAVIへ。
おしり
おしりに注射を打つ前に知っておきたいことをまとめました。脂肪溶解注射のおすすめクリニックは脂肪溶解注射NAVIへ。
ふくらはぎ
ふくらはぎに注射を打つ効果や気になる副作用についてご説明します。脂肪溶解注射のおすすめクリニックは脂肪溶解注射NAVIへ。
背中
背中に注射を打つ前に確認してほしいことをまとめました。脂肪溶解注射のおすすめクリニックは脂肪溶解注射NAVIへ。
鼻・鼻筋
鼻に注射を打つ前にチェックすべきことや気になる団子鼻についても調べました。脂肪溶解注射のおすすめクリニックは脂肪溶解注射NAVIへ。
瞼(まぶた)
お腹や下腹部に注射を打つときの注意点をまとめました。脂肪溶解注射のおすすめクリニックは脂肪溶解注射NAVIへ。
顎・顎下
気になる顎やフェイスラインに注射を打つ前に確認しておくことをまとめました。脂肪溶解注射のおすすめクリニックは脂肪溶解注射NAVIへ。