瞼(まぶた)へ注射を打つ前に知っておきたい!

瞼(まぶた)

まぶたが腫ればったいと印象が悪くなったり目が小さく見えてしまいます。

女性の方はまぶたが腫れぼったいが為にマスカラがうまく塗れないなんて事もありますよね!!

 

ただ残念な事に一般的な脂肪溶解注射(メソセラピー)ではまぶたに注射できません。
特殊なBNLSという薬剤なら可能なようです。

 

まぶたが腫れぼったく見えてしまう原因

脂肪が厚くついており、まぶたがパンパンになってしまっている為
顔がむくんでいてまぶたまでむくみがきてしまっている為
一重まぶたがたるみ目にかかってしまっている為

 

一概に脂肪が原因だとは言い切れないようです。
因みにむくみには脂肪溶解注射(メソセラピー)ではなくウルトラアクセントが効果的なようです。

 

何回ぐらい打つの?

まぶたは体の中でも最も皮膚が薄く目の近くという事もありとてもデリケートな箇所になります。
1回でも効果は得られるようですが、診察の際に相談してみるといいと思います。

 

処置後の状態は?

とても腫れお岩さんのようになります。
マスクなどでも隠す事が出来ないのでしばらくは家に引きこもる事になるでしょう。
しこりができたり、稀に内出血でアザのような状態になることも。

 

瞬き出来ない、目があかないなどあまりにも痛みがひどい場合は、我慢せず医師に相談して痛み止めを処方してもらいましょう。

 

1回にかかる治療の料金は?

1本あたり20,000円~30,000円で箇所によって本数が違います。
まぶたは最低でも両側で2本使用しますので40,000円~60,000円が1回あたりの料金になります。
行っているクリニックへお問い合わせをおススメします。

 

※妊娠中・授乳中の方への治療は断られる場合があります。専門の医師に相談し安易に治療を受けないようにしましょう。また未成年の方は保護者に相談し一緒にクリニックへ行ってもらいましょう。

 

※アレルギーをお持ちの方は大豆由来成分ではない脂肪溶解注射(メソセラピー)を選んで下さい。代表的なのがリジェンスリムというお薬です。

 

※脂肪溶解注射(メソセラピー)の腫れ・腫れの期間には個人差があります。個人の判断で冷やしたりせずしばらくしても腫れがひかない場合は治療を受けたクリニックに相談しましょう。

 

※より早く効果を実感されたい方は簡単なマッサージと軽い運動をおススメします。

瞼(まぶた)に注射を打つ前に気を付けておくこと|脂肪溶解注射NAVI関連ページ

腕(二の腕)
二の腕などへ注射を打つ前に注意しておくべき情報をまとめました。脂肪溶解注射のおすすめクリニックは脂肪溶解注射NAVIへ。
太もも
なかなか痩せない太ももに注射を打つとどうなるのかなどの疑問にお答えします。脂肪溶解注射のおすすめクリニックは脂肪溶解注射NAVIへ。
脚(足)
脚・足に注射を打つ前に気をつけてほしいことや知っておきたい情報をまとめました。脂肪溶解注射のおすすめクリニックは脂肪溶解注射NAVIへ。
顔(頬・ほっぺ)
顔や頬、ほっぺに注射を打つ前に知っておきたい基本情報をまとめました。脂肪溶解注射のおすすめクリニックは脂肪溶解注射NAVIへ。
お腹
お腹や下腹部に注射を打つときの注意点をまとめました。脂肪溶解注射のおすすめクリニックは脂肪溶解注射NAVIへ。
おしり
おしりに注射を打つ前に知っておきたいことをまとめました。脂肪溶解注射のおすすめクリニックは脂肪溶解注射NAVIへ。
ふくらはぎ
ふくらはぎに注射を打つ効果や気になる副作用についてご説明します。脂肪溶解注射のおすすめクリニックは脂肪溶解注射NAVIへ。
背中
背中に注射を打つ前に確認してほしいことをまとめました。脂肪溶解注射のおすすめクリニックは脂肪溶解注射NAVIへ。
鼻・鼻筋
鼻に注射を打つ前にチェックすべきことや気になる団子鼻についても調べました。脂肪溶解注射のおすすめクリニックは脂肪溶解注射NAVIへ。
顎・顎下
気になる顎やフェイスラインに注射を打つ前に確認しておくことをまとめました。脂肪溶解注射のおすすめクリニックは脂肪溶解注射NAVIへ。