鼻へ注射を打つ前に知っておくべし!

鼻・鼻筋

団子鼻・大きな鼻をシャープな通った鼻にしたいな。

などと細く高いシャープな鼻に憧れている日本人は多いと思います。

 

脂肪溶解注射(メソセラピー)は、鼻に打つことができます。
ただ一般的に出回っている脂肪溶解注射(メソセラピー)では治療ができません。
BNLSという特殊な脂肪溶解注射(メソセラピー)を使用する事で治療ができます。料金は倍以上かかるようです。

 

そもそも脂肪が少ない鼻・団子鼻に脂肪溶解注射(メソセラピー)を行い効果があるのでしょうか。

 

どのように注射していくのか

4箇所から8箇所に分けて注射するらしいです。(料金は1箇所2万~3万)
眉間・目の間・小鼻・鼻先など。
腫れ・赤み・痛みもあるようなのでしばらくは安静にしていられる日を選んだ方が良さそうです。

 

効果は?

多少の効果は一回で実感できます。
求める仕上がりレベルにもよりますが2~3回は必要でしょう。
専門のクリニックへ相談してみるのがいいと思います。
BNLS注射は、どちらかというとお腹などの広い範囲より、細かい部分の治療に向いている方法です。
ダウンタイム(腫れ、しこり、発赤など)もあらわれにくく、ゆっくりと時間をかけて脂肪細胞を溶かしていくので、目立つ場所にある鼻・鼻筋の美容整形に不安がある人も安心して受けられます。
また、2週間の間隔をあける必要のある従来のメソセラピーとは違い、1週間程度の間隔で次の治療ができるため、早ければ3週間ほどで効果が実感できるというメリットも。
72時間後に効果が実感できると謳っているクリニックも多いです。
「大事なデートの前に、鼻をスッキリ高く見せられるようにしたい!」「就職活動を始める前に印象を良くしておきたい!」なんて時にも便利ですね。
ただし、鼻はもともと脂肪の少ない部位であり、軟骨の形状によってもともとの鼻の形が決まっているので、BNLS注射を打ったからといって、だんご鼻を尖らせたり、横に広がっている鼻をきゅっと縮めたりする効果は期待できません。

あくまでも「ほんの少しだけスッキリさせて印象を変えたい」という人に向く治療法なので、鼻の形そのものを変えたい場合は、整形手術などの別の方法を考えてみましょう。

 

失敗した場合はどうなる?

BNLS注射では、メソセラピーのように肌が凸凹になったり、たるんでしまったりといった失敗は少ないです。もちろん、全くないとは言い切れませんが、多くの場合、外を歩けなくなるような状態になることはないでしょう。
よくある失敗例としては「注射を打ったのに、効果が感じられない」というものです。
それだけマイルドな薬剤だということなのでしょうが、数万円~数十万円の費用をかけて効果なしというのはつらいですよね。
HPや口コミなどを利用して評判の良いクリニックを選び、事前のカウンセリングも納得いくまで受けるようにしましょう。
万が一効果が出なかった時のために、アフターケアが充実しているところを選ぶのも一つの方法です。

 

何か気をつけることは?

医師から指示があると思いますが、処置の前には化粧を落としましょう。
雑菌が入り込まないよう、清潔な状態の肌に施術するのが望ましいです。
治療後は2~3時間たてばメイクできますが、帰宅時もできるだけノーメイクで肌を休ませたほうが良いでしょう。
また、せっかくBNLS注射で鼻筋をキレイにしても、油断して食べ過ぎれば残っていた脂肪細胞が大きくなり、元の状態に戻ってしまうことも考えられます。
処置を受けたことをゴールとするのではなく、その状態を長く維持することを目標に、食事や運動などの生活習慣にも気を配っていきましょう。

 

費用は?

1箇所あたりの料金が20,000円~30,000円ぐらいとして、平均4箇所の処置で、合計80,000円~120,000円ぐらいが1回あたりの相場です。
繰り返し必要になれば×回数が必要になります。
クリニックによっては、初回のみ料金が割引きになるサービスがあったり、モニター価格として割安の値段で受けられたリするところもあるので、事前に確認してみてください。

処置中の痛みは?

極細の針を使用した注射を打つだけなので、それほど痛みはありません。
どうしても気になる場合は麻酔もしてくれるので、我慢せず医師に伝えましょう。

 

鼻に脂肪溶解注射(メソセラピー)を打つ際に覚えておいてほしいことは、鼻は皮膚が厚く脂肪が少ない箇所なので副作用が出やすかったり、腫れなどの症状が出やすいということです。

 

稀に内出血をすることもあるし、医師としても一番神経を使う場所なんですね。

 

予想できないトラブルが起きないとも限らないので、処置を受けるかどうかは、事前に医師とよく相談してから決めましょう。
脂肪の量がそれほど多くない場合は、処置を断られることもあります。

 

また団子鼻の治療に有効な治療方法なども相談してみるといいかもしれないですね!!

 

※妊娠中・授乳中の方への治療は断られる場合があります。専門の医師に相談し安易に治療を受けないようにしましょう。また未成年の方は保護者に相談し一緒にクリニックへ行ってもらいましょう。

 

※アレルギーをお持ちの方は大豆由来成分ではない脂肪溶解注射(メソセラピー)を選んで下さい。代表的なのがリジェンスリムというお薬です。

 

※脂肪溶解注射(メソセラピー)の腫れ・腫れの期間には個人差があります。個人の判断で冷やしたりせずしばらくしても腫れがひかない場合は治療を受けたクリニックに相談しましょう。

 

※より早く効果を実感されたい方は簡単なマッサージと軽い運動をおススメします。

鼻に注射を打つ前にチェックすべきことや気になる団子鼻についても|脂肪溶解注射NAVI関連ページ

腕(二の腕)
二の腕などへ注射を打つ前に注意しておくべき情報をまとめました。脂肪溶解注射のおすすめクリニックは脂肪溶解注射NAVIへ。
太もも
なかなか痩せない太ももに注射を打つとどうなるのかなどの疑問にお答えします。脂肪溶解注射のおすすめクリニックは脂肪溶解注射NAVIへ。
脚(足)
脚・足に注射を打つ前に気をつけてほしいことや知っておきたい情報をまとめました。脂肪溶解注射のおすすめクリニックは脂肪溶解注射NAVIへ。
顔(頬・ほっぺ)
顔や頬、ほっぺに注射を打つ前に知っておきたい基本情報をまとめました。脂肪溶解注射のおすすめクリニックは脂肪溶解注射NAVIへ。
お腹
お腹や下腹部に注射を打つときの注意点をまとめました。脂肪溶解注射のおすすめクリニックは脂肪溶解注射NAVIへ。
おしり
おしりに注射を打つ前に知っておきたいことをまとめました。脂肪溶解注射のおすすめクリニックは脂肪溶解注射NAVIへ。
ふくらはぎ
ふくらはぎに注射を打つ効果や気になる副作用についてご説明します。脂肪溶解注射のおすすめクリニックは脂肪溶解注射NAVIへ。
背中
背中に注射を打つ前に確認してほしいことをまとめました。脂肪溶解注射のおすすめクリニックは脂肪溶解注射NAVIへ。
瞼(まぶた)
お腹や下腹部に注射を打つときの注意点をまとめました。脂肪溶解注射のおすすめクリニックは脂肪溶解注射NAVIへ。
顎・顎下
気になる顎やフェイスラインに注射を打つ前に確認しておくことをまとめました。脂肪溶解注射のおすすめクリニックは脂肪溶解注射NAVIへ。